数学が苦手な文系も読めるのか?「眠られなくなるほど面白い微分積分」

AI(人工知能)を勉強し始めると、最初の壁が、数学への理解です。

例えば、機械学習の手法には、「線形代数」「微分積分」「関数」など様々な数式が出てきます。

文系からプログラマーに転向した人の中には、コードを書ければ数学の知識が無くても実務には、対応できるという人もいます。

しかし、機械学習を行う場合は、統計学や数学の基礎がわかっていないと応用が利かず、AI(人工知能)の習得が、難しいとも言われています。

受験時代には、実務で何の役に立つかと思った人も多い数学は、実は社会の様々なところで考え方の基礎になっています。

AI(人工知能)ブームで、文系の間で、もう一度、数学を基礎から学び直したいと思い立つ人も増えています。

今回は、そんな文系の間でも話題の「眠られなくなるほど面白い微分積分」についてレビューしてみます。

「眠られなくなるほど面白い微分積分」とは?

「眠れないほど夢中にはなれなかった、しっかり眠れた」

または、「眠れないぐらい一気に読み終わった」と、読む人によって好みが分かれる本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする